薬剤師派遣会社ランキング
薬剤師単発バイト
薬剤師派遣会社ランキング > 単発・スポット派遣 > 薬剤師 単発派遣のメリット

薬剤師 単発派遣のメリット


薬剤師が単発派遣で働くメリット

『単発派遣で働きたい』と思っても、メリットよりもデメリットが多ければ働きづらいですよね。

逆にデメリットを上回るメリットがあれば、意欲的に働けるのではないでしょうか。

では、薬剤師単発派遣のメリットを具体的に見てみましょう。

1.空いた時間に働ける
2.高時給の求人が多い
3.人間関係の悩みが少ない
4.様々な職場を体験できる

などがありますね。

まず『空いた時間に働ける』ですが、単発派遣の最大のメリットかもしれません。

正社員だけでなく、アルバイトやパート、もしくは一般派遣でも、空いた時間にサクッと働くのは難しいでしょう。

しかし単発派遣なら、来週の水曜日に働きたい、次の土曜日に働きたい、といった希望も叶えやすいですよ。

単発派遣はブランク防止に繋がる?

薬剤師業界は女性が多いので、「育児と仕事を両立させたい」「介護と両立させたい」と考えている方も多いと思います。

子供が幼い間は、どうしても育児中心の生活になりがちですが、将来を考えると、極力ブランクは明けたくないですよね。

ブランクがあっても復職しやすいのが薬剤師のメリットですが、それでもブランクが長引けば、

「即戦力として復帰する自信がない」

「調剤業務に戻るのが恐い」

と悩まれるかもしれません。

5年現場を離れれば仕事の大半を忘れる、という話しを聞いたことがありますし、少なくとも勘を取り戻すまでに時間がかかると思います。

「それは分かってるけど…やっぱり常勤は厳しい」というあなたでも、単発派遣なら空いた時間に働けますよ。

派遣にも種類がありますが、6ヶ月単位の派遣は難しくても、1日単位のスポット単発派遣なら働ける方が多いのではないでしょうか。

単発派遣で働くには一定の条件がありますが、時間の都合がききやすい働き方なんですよね。

もし単発派遣で働けない場合でも、『単発バイトを繰り返す』という選択肢がありますので、詳しくは薬剤師派遣会社に相談して下さい。

単発派遣は高時給で働きやすい

次のメリットに『高時給の求人が多い』がありますね。

単発派遣の平均時給は2,000円~2,500円前後ではないでしょうか。

インターネットで公開されている派遣求人を見ても、高額案件が多い印象を受けます。

中には時給3,000円を超えるスポット派遣も見られますし、地方の調剤薬局が『時給5,000円』で派遣薬剤師を募集することもあります。

そのような求人を実際に見かけたことがありますよ(北海道の薬局でした)。

さらに「過去に時給6,000円~7,000円の募集もあった」という話しを聞きますし、薬剤師不足の地域は高額求人も多いと言えるでしょう。

東京や大阪のような大都市でも、アルバイトやパートで薬剤師求人を探すよりも、高額で働ける可能性が高いです。

特に【繁忙期の急募求人】ですね。

閑散期は好条件の求人が少なくても、インフルエンザが流行する繁忙期に関しては、さらに急募という条件が重なれば、時給3,000円~4,000円以上も現実的です。

急募の理由は様々ですが、繁忙期に突然、常勤の薬剤師が休めば、その日の運営が困難になりますよね。

薬剤師の人数に余裕がある調剤薬局、ドラッグストアなら良いですが、多くの薬局が最小限の人数で回しているのではないでしょうか。

急募の単発派遣は高時給が多い

私の友人は一人薬剤師として長年、薬局で働いていましたが、「どんな時も休みが取れない」と悩んでいました。

しかし突発的な病気や怪我が起こらないとは限りません。

そのような際に薬局経営者が利用するのは派遣会社、それも単発派遣を希望する確率が高いと思われます。

『素早く働いてもらいたい』と思えば急募でしょうし、自然に時給条件も良くなるはずです。

その結果、時給3,000円~4,000円以上も現実的なんですよね。

ただし単発派遣(急募)は、スムーズに業務に入れる薬剤師が望まれます。

ハイレベルなスキル、豊富な経験だけでなく、仕事の流れを素早く把握する能力、周囲の薬剤師や登録販売者、スタッフとのコミュニケーション力も必要になりますね。

その辺りの条件をクリアできれば、急募の単発派遣に採用されるチャンスがありますし、高い時給、日給を得られるのではないでしょうか。

詳細はやはり薬剤師派遣会社に問い合わせて頂きたいのですが、いずれにしても「単発派遣は高時給で働きやすい」と言えますね。

人間関係の悩みが少ない

次のメリットに『人間関係の悩みが少ない』があります。

薬剤師の退職理由として、人間関係の悩みはトップクラスなんですよね。

他の職種にも共通していますが、その職場の人間関係がギスギスしていれば、なかなか長く働けないでしょう。

私も最初に就職した職場の人間関係が最悪だったため、入社後、1週間で退職を考えました。

実際は3ヶ月後に体調を崩して辞めたのですが(完全なるブラック企業でした)、どのような職場でも人間関係に問題があれば、絶望的な気分になります。

職場で過ごす時間って長いですからね。

薬剤師さんの場合も、常勤正社員なら週5日~6日出勤でしょうし、労働時間も長くなるでしょう。

残業時間が長い調剤薬局・ドラッグストア・病院なら、疲れて帰宅した後、短時間の睡眠ですぐ翌日になります。

「寝るのがもったいない」と起きていれば、翌日の仕事に響きますしね。

しかし単発派遣なら、その日の仕事が終わると同時に人間関係が終了します。

2~3日の単発派遣でも、期間終了と共に解放されるでしょう。

そのくらいの時間なら、お互いに気持ち良く働けるのではないでしょうか。

だいたい人間関係の悩みって、一定期間が経過した後に起こりますからね。

逆にデメリットとしては、「ここなら長く働けそう」と思っても離れなければなりません。

同じ薬局やドラッグストアに再び派遣される、というケースもあると思いますが、それよりも違う職場が多いですしね。

その点をどう捉えるかは個々人で異なりますが、深い人間関係は避けたい、と考えている薬剤師さんにとって、単発派遣はメリットが多いですよ。

様々な職場を体験できる

先ほどの『人間関係の悩みが少ない』とも重なりますが、単発派遣は様々な職場を体験できます。

同じ調剤薬局で勤務し続ける方が、スムーズに仕事を回せるとは思います。

それと同時に、業務内容がルーチンになるかもしれません。

「ルーチン=円滑に仕事を行っている証拠」と考えれば、決して悪いわけではありません。

しかし新鮮さは無くなりますよね。

新鮮さが無くなればモチベーションの低下も考えられますし、常勤薬剤師さんにとって、転職のきっかけになるかもしれません。

その点、単発派遣なら、様々な職場を経験できる分、新鮮さを保ちやすいですよ。

先ほどもお話ししたように、単発派遣には、

・仕事の流れを素早く把握する能力
・周囲の薬剤師とのコミュニケーション力

が重要ですが、何度もスポット派遣を繰り返すことで、培われるスキルもあるでしょう。

「調剤スキルと経験に自信がない」と思っていても、今のあなたの技術で働ける単発派遣があるかもしれないので、薬剤師派遣会社(紹介会社)のコンサルタントに相談して下さいね。

最後に薬剤師単発派遣の4つのメリットをもう一度お伝えします。

1.空いた時間に働ける
2.高時給の求人が多い
3.人間関係の悩みが少ない
4.様々な職場を体験できる

ぜひ積極的に求人を探してみて下さい。

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓